5月と言えばアレだ。GW。ゴールデンウィーク。これを楽しみに前回の広島旅行以来大人しくして風俗資金をコツコツと貯めてきたのだ。まぁ、お金が貯まらなくてもアッチは自然と溜まっていくから、どちらにしろ行くはイクのだが・・・。

さて今回は大型連休ということで、デリヘルからソープ、ピンサロまで何でも揃っている我らが東京さんへ旅立った。東京の風俗嬢やデリヘル嬢には何度かお世話になっているが、今回は長い休みということで東京内のあらゆる風俗の「聖地」を巡ってみることにした。

3泊4日の日程で、1日1風俗の計4店体験したわけだが、一番楽しい思い出として残ったのは2日目の昼に呼んだ鶯谷の韓国デリヘルだ。韓国といえばコリアンタウンがある新大久保のイメージがあったのだが、デリヘルとなると話は別のよう。

韓国の女の子ってどうなんだろうかと心配していたが、日本語も普通に通じるし、なんなら日本の女の子よりも人懐っこい感じがした。猫っぽい軽いツンデレ要素を感じて萌えた。

HPではどの店も美人の写真ばかりで写真とのギャップ(パネマジ)に不安を感じる韓デリだが、さすが美容の国というべきか本物も相当綺麗で可愛かった。足とウエストがキュッ!と締まっていた。

こちらから責めてやると、日本語の間でたまに韓国語らしきワードで喘ぐ。これまた、ほどよい異国感が新鮮だ。

韓国は近い国だけど、やはり女の子を見ていると外国人なんだなぁとひしひしと感じる。四六時中舐める、自ら上に乗ってくるなどなかなかに積極的で、今回珍しくフェラでも口内発射でもなく素股の状態でフィニッシュを迎えた。

イッた後も丁寧に拭いてくれて、時間ギリギリまでベッドや風呂場でイチャイチャ密着してくれて、本当に言うことなし。

ラブホから出た後はぼちぼちと歩いて上野動物園に行った。家族連れや子どもがはしゃぐ中、スッキリした顔のオヤジが一人ポツンとキリンを眺める。数時間前の自分、なぜこんなスケジュールにしたのだろうか。近いというだけでこのテンションの落差はヒドい。

初めての上野公園は、賢者タイムと共に終了したのだった。

デリヘル・ピンサロ計4回分51,000円
交通手段(往復)と料金飛行機26,400円
ホテル代23,920円
飲食代14,800円
総額鶯谷風俗旅行は116,120円でスッキリ♪
Posted in 風俗遊び.Tagged , , , , .

風俗旅行にありがてぇー!一番安い風俗

風俗旅行では、その場で自由に風俗業種や店を決めることも多い。普通のソープ選ぶはずが高級店にドストライクな可愛い子がいてATMに走ることもある。

金欠状態で迎えた2日目、心もとない財布の残高でも遊べるのが「メンズエステ」。メンエスには何回も助けられた・・・(天を見上げながら)。
風俗旅行先で困ったら、とりあえずメンエス情報を開くことをオススメする。

風俗旅行をグッと安く済ませるなら↓

エステドゥロア

Comments are closed.