街めぐりの最大の目的は、景観を目で楽しむこと。普段現在地から目的地までを最短距離で歩き、途中の様子には目もくれず過ごしている俺のようなサラリーマンが多い。そして旅行もなるべくあそことここは絶対回って~と結局歩きつかれて帰って来る。残ったのは手元にある土産とスマホに映っている定番の景色だけ。

特に京都は見どころがたくさんあるし全部行きたいのは分かるのだが、できればゆっくり歩いて目に景色を焼き付ける余裕のある癒し旅もいいのではないかと思う。まぁこれは俺が大阪住みで近いというのもあるのだが、2回目の京都はそういった風に過ごして欲しい。

京都らしい雰囲気が味わえるのは、やっぱり花街。祇園の花街は京都メインストリートといっても過言ではないだろう。カメラを構える旅行客の姿が多い。昼にいけば家族でワイワイ、カップルでワイワイ、友達同士でワイワイ。夜はカップルと友達同士、そして俺と同類と思われる男どもの割合が増える。

一見さんお断りの文化もあるため、この時間に祇園界隈を歩くとすれば、景色を見に来る以外には大抵が風俗かキャバクラ目的だと分かる。自分も男だが、男は分かりやすくて面白い。がっつく詰め込み旅も楽しいが、一つの場所を徒歩で回るのんびり旅行もいいもんだぞ。

交通手段(往復)と料金電車800円
ホテル代0円
飲食代1,300円
総額京都祇園旅行は2,100円で満足♪

北海道の歓楽街といえば札幌、すすきのだ。風俗もキャバクラも行ききれないくらいたくさんあって、アドレナリン出まくりの街。だがしかし、北海道の自然や景色を感じたい、街めぐりをしたいというのなら断然小樽の方を推す。
都会的な感じとはまた違って、旅行客は多いのに高いビルがあまりない。そういうところが、街中を歩くだけでもホッとできる理由の一つだと思う。

あと何となくだが、札幌よりも小樽の方が女性受けは良いと感じる。なぜなら小樽でしか買えない雑貨に食べ物のような土産がたくさんあるからだ。もし仮に彼女が不機嫌になってしまったら、小樽で買い物しよう!と言えばいい(多分)。

小樽と言えば小樽運河。小樽運河は昼も夜も、どっちにも歩きたくなる場所。昼間は遠くに山が見えるし、綺麗なんだけど自然が残ってる感じで北海道にきた感がじわじわと味わえる。小樽運河周辺には土産もそうなんだけど、新鮮な海の幸がわんさかある。これがまたウマイ。

カニやホタテも他のところで食べるものとはレベルが違うのだが、特にウニのウマさはハンパない。あれは新鮮でないと病院のような味(?)や苦味、磯臭さがするから苦手なのだが、小樽で食べたウニ丼は旨味だけが残っている感じだった。

そんな感じで、飯はウマいし街を歩いてる女子グループがいたりと、風俗で遊ばずとも目の保養、リラックスになる。ただ歩くだけでこんなにリフレッシュできる街もそうそう無いだろう。

交通手段(往復)と料金飛行機28,600円
ホテル代3,700円
飲食代4,600円
総額北海道小樽旅行は36,900円で満足♪

風俗旅行にありがてぇー!一番安い風俗

風俗旅行では、その場で自由に風俗業種や店を決めることも多い。普通のソープ選ぶはずが高級店にドストライクな可愛い子がいてATMに走ることもある。

金欠状態で迎えた2日目、心もとない財布の残高でも遊べるのが「メンズエステ」。メンエスには何回も助けられた・・・(天を見上げながら)。
風俗旅行先で困ったら、とりあえずメンエス情報を開くことをオススメする。

風俗旅行をグッと安く済ませるなら↓

エステドゥロア