吉原といえば東京最大のソープ街がある有名なエリアだ。高級ソープが立ち並ぶイメージがあるが、実は格安~普通レベルで気軽に通えるような店のほうが圧倒的に多い。

とある情報サイトではソープランドが高級と言われるレベルは、総額が5万以上の店らしい。普段格安風俗旅・節約風俗旅をしている俺にとっては縁のない世界だと思っていたが・・・。

なんと5万5千円する高級ソープランドへ突撃することとなった。ボーナスという名の札束を持って。このご時世である、少ないボーナスだが今回は最初から無いつもり(臨時収入のような気持ち)で思い切り使ってしまおうと。

吉原の高級店は総額表示ではなく入浴料だけが載っていることが多い。通常なら総額は6万5千円だったが、ネットで色々調べ某サイトからのフリー予約で1万円引きになった。まぁ、5万でも高いが120分コースなので時間にしては案外普通だと思う。60分あたり25,000円ということになるし。高級店ならフリーでもそこそこの嬢と出会えるだろう。

入店して案内されたのは、目が切れ長でセクシーな俺ドストライクな泡姫だった。可愛らしい子や新人の子も多かったから、その中でタイプのお姉さん系に当たったのはラッキーだった。

俺の喋り口調から、関西からいらっしゃったんですか?と聞かれる。そうだよ~と答えると、大阪!絶対大阪でしょ?とズバリ当てられる。そんなに関西のオッチャンぽいかなぁ。

明るくて会話が弾むし、プレイに入ってもチンコ洗ったりマットで密着するなど手際が良い。テクニックを披露されているというより、会話している中で自然にキモチイイことをされている感じだった。だから、気持ちいいときにアッやらウッやら言うのが少々恥ずかしかった。

一番良かったのは、騎乗位でフィニッシュできたことだった。自分が動かずに相手に動いてもらい絞られる、というのは高級店だから味わえた終わり方ではないだろうかと思う。

2回目はこちらのオチンがしょぼくれてしまったので、フェラでねっとりゆっくりご奉仕してもらった。120分だから時間が足りない心配もなく、心に余裕を持って遊べた。

5万円の価値があるのかないのかというのは、普段お得な風俗を探して遊んでいる立場から言うと「60分25,000円のソープに2回通った方がいいかも」が正直な感想である。

ソープランド料金(120分)55,000円
交通手段(往復)と料金飛行機LCC/16,500円
ホテル代6,320円
飲食代4,680円
総額吉原風俗は82,500円でスッキリ♪

以前、横浜中華街のある関内エリアには食べ歩きでお邪魔したことがあるが、横浜、特に横浜駅周辺は散策ができなかったので今回はそっちへ。

横浜駅は関内よりも北のほうにあって、位置関係は大阪でいうところの梅田と難波みたいな感じだろうか。関内は横浜中華街の最寄り駅というだけでぶっちゃけ駅周辺は普通の光景といったところだが、横浜駅はさすが神奈川の中心というだけあって、とにかくデカいビルがバーンバーン!!と立ち並んでいる。

どこかの一室からスナイパーに狙われても全く気付かず打たれて死ぬだろう(?)。

そんなドデカい街横浜、当然夜遊びスポットも十分に用意されていた。歌舞伎町やすすきの、中洲のような歓楽街をウリにしている街と比べると少ないが、ちゃんとソープやファッションヘルスといった店舗風俗もあるし選択肢はある。

とはいってもやはり一番豊富なのはいつもの、安定の「デリヘル」ちゃん!他の風俗が5以下の一桁なのに対し、デリヘルの数は40を軽く超えている。

横浜の新しくて若いイメージそのままに、多いジャンルは「素人デリヘル」と「格安・激安デリヘル」。今回は給料日後でお財布に余裕があったので、高級系の素人デリヘルをチョイスしてみた。久々の奮発である。

といっても60分16000円だから普通のところとそう変わったもんじゃないが、サービスはまさに高級だった。全てにおいて濃厚というか、真性のエッチ好き、ほんまもんなんじゃ・・・というくらいのぐいぐい加減。

アナル舐めを、そこまでやっていいんかい!?というくらい舌先を使ってぐいぐい。それが5分くらい続いて、もちろん気持ちよかったが男としてちょっと恥ずかしくなって照れてしまった。

今回のデリヘル嬢は21歳の若い子だったが、挨拶のときの初々しさとプレイ中のギャップがすごくてまたいけない扉を開いてしまった感じがした。若くて美人で可愛い子が、必死に俺の愚息を・・・って良いよね。

デリヘル料金(60分)16,000円
交通手段(往復)と料金飛行機25,000円+バス960円
ホテル代6,800円
飲食代3,628円
総額横浜風俗旅行は52,388円でスッキリ♪

大人の男にとっちゃ○○ランドと言われたらソープランドしか思いつかんやろがい!と思いがちなのだが、実は世間ではそうでもないらしい。仕事柄と趣味柄しょっちゅうやれ東京やれ神奈川と関東方面に飛ばされるのだが、千葉は実は2回しか行ったことがない。お察しの通り、一回目はこのサイトにも書いた栄町ソープ体験だ。

そんな千葉初心者の俺、今回は千葉在住の知り合い(男)と予定が合ってしまい、とうとうあの巨大テーマパークに足を踏み入れることになった。その名もネズミーランド!!・・・くらい伏せておかないとダメな気がする。

まさか四十路の男2人で初体験することになるとは夢にも思っていなかったわけだが、この男は強面のくせしてプーさんが好きと抜かすから悪い意味でのギャップがハンパじゃない。絶対こいつは俺をダシにしてただネズミーランドに来たかっただけに違いない。

そう憎まれ口を叩きながらも、こちらもちゃんとネズミー後の楽しみは調べてあった。
ネズミーランドのある浦安市には、そこそこの数の風俗店が集まっている。もちろん千葉の中心地からは離れているからそのほとんどがデリヘルなのだが、デリヘルを呼べるラブホテルも浦安駅近くに2軒くらいとネズミーの近くにもあるから十分な布陣だ。

結果として始めは乗り気でなかった俺もネズミー先生の陽気な動きと意外と本格的なプーのはちみつ取り(アトラクション)に感動し思い切り笑顔にさせられてしまったのだが、大人のアトラクションにはまだ乗っていないだろ?とプー好き男から気色の悪いパスを嫌々受け取り2人でいざ大人の遊園地へー。

浦安のデリヘルで多いジャンルは、人妻と巨乳。さすがプーさん好き、巨乳にしよう!と即決で駅横のホテルで巨乳娘とランデブー。巨乳は何がいいって、パイズリはともかく異次元感が楽しめるのがいい。

街中で巨乳といえばほぼおばさんで、今の若くて細っこい身体に似つかわしくない巨乳をぶら下げている女子は滅多にお目にかかれない。しかも生乳をも拝めるときた。そのおっぱいに顔が包まれ、くるひ~!とか何とか言いながら幸せなひと時を過ごす。

特に予定はなかったがネズミーに誘われた瞬間は「1日が終わったな」と思ったもんだが、ネズミーも予想に反して面白かったし、浦安のデリヘルも非情に満足できた。エッチな大人にとっては、ランドだけでなく浦安全体が夢の国だったというわけだな。

デリヘル料金(60分)12,000円
交通手段(往復)と料金飛行機25,260円
ホテル代5,200円
飲食代6,931円
総額千葉風俗旅行は49,391円でスッキリ♪