秋葉原キターーーーーーーーー(゚∀゚)ーーーーー!!!!!!

・・・失礼。一度言ってみたかった。ということで今回は秋葉原に訪れてみた。電車男などの影響により、すっかりオタクの街としてのイメージがついているのではないだろうか。・・・などと言ってみたものの俺は電車男を見たことがない。ドラマの中の恋愛よりも目先の風俗、それが俺だ。

てっきり街中には分厚い眼鏡をかけてリュックを背負った鼻息の荒そうな男たちが密集しているのかと思ったが、意外とそんなことはなかった(まあたまにそういうのも見かけたが)。寧ろ昼間から夜の時間について妄想している俺の方が鼻息が荒かったかもしれない。

まずは噂のメイド喫茶とやらを探すことにする。全国各地を旅行してきた俺だが、こればかりは初体験である。何人かキャッチをしているメイドさんを見くらべ、一番可愛いと感じた黒髪ロングの女の子の店へ。「お帰りなさいませご主人様~」の一言で店内に迎え入れられる俺。なかなか良い気分じゃないか。しかしなんだ、このよくわからない名前のメニューと値段は!これでデリヘルのオプション1個付けれたかな、などと考えてしまう俺にはちょっと向かない店だったかもしれない。スタッフも10代の子が多かったしな。まあオムライスを「あーん」してもらったのは美味しい体験だったと思う。

朝方はデリヘルもメイドが来てくれるイメクラにしようと思っていたのだが、昼ですっかり気疲れしてしまった。夜はちょっと歳を重ねたOL系美女を扱う店を予約することする。デリヘル嬢のパンストからうっすら透ける足が、昼の白いハイソックスとは違い夜をにおわせる。ああ、やはり俺は夜の街の方があっているなと改めて感じさせられた秋葉原旅行だった。

デリヘル料金(60分)13000円
交通手段(往復)と料金飛行機21000円
ホテル代6100円
飲食代4500円
総額秋葉原風俗旅行は44,600円でスッキリ♪

今回二度目の地元大阪風俗紹介。他県から風俗旅行をしにくるであろう男のために、梅田と一二を争う繁華街「難波ミナミ」の魅力をお伝えする。普段買い物や遊んで帰ることが多いのでどちらかというと梅田で遊ぶことが多いが、風俗店が多いのは俗にミナミと呼ばれる難波のほうが多い。

更に梅田にはなく難波のみに存在する風俗ジャンルもあり、その日の気分だったり自分の趣味で使い分けることができるのは大阪の良い所だ。ちなみに今回お世話になってきたのはアニメコスプレ系イメクラ。
・・・ん?ああ、突然でびっくりしたであろうが、人並みにアニメが好きというだけで決してオタクなどでは(略)。

際どいコスプレもそそるが、ここで働く風俗嬢はちゃんと設定があるからなりきれるんだろう、プレイはかなり積極的&本格的だ。イメクラと一言でいっても、ロリ系にアニメコスプレ系、王道のメイドに女子学生と色々ある。俺はイメクラ好きだが若すぎる女の子が苦手なので、消去法でアニメコスプレ店になったのだ。

なりきりはめちゃくちゃ楽しい。普段10攻めて7返ってくれば上々のところが、イメクラだと11にも12にもなって返ってくる。男にとって女子に反応してもらえる、感じてもらえるということがいかに嬉しいことか。巨乳ちゃんに某新世紀系アニメのピタピタのスーツを着てもらい、視覚だけでかなりの刺激になった。

脱がせたらただの女の子なのだが、コスチュームによってこんなに早く興奮して出るとは思わなかった。イメクラやホテヘルで遊びたかったら、難波ミナミ。道頓堀や心斎橋にも近いから大阪らしい観光をしたいなら難波がおすすめだ。

イメクラ料金(計60分)13,000円
交通手段(往復)と料金0円
ホテル代1,900円
飲食代0円
総額難波ミナミの風俗旅行は14,900円でスッキリ♪