京都といえば日本が誇る観光地。
そのため観光客の人数は尋常じゃなく、その分エッチなサービスのお店も探せば出てくる出てくる。

お隣の大阪に住んでいる俺はわざわざ風俗のために京都へ出向くことはないのだが、今回はたまに電話を掛けてくる京都の悪友(大学時代)に会いに行くため3~40分前後のプチ旅行へと旅立った。

ぶっちゃけると、この悪友と付き合っているから風俗の沼にハマってしまったといっても過言ではない。しかも20代そこそこのときに風俗でもキャバクラでも年上の店ばかり紹介してくるもんだから、いつの間にか年下すぎる女子は受け付けない心と体になっていたのだ。
そんな悪友本人はロリ娘でもいけちゃう♪なんていうからいつか一回グーで殴りたい。

それはさておき、今回の風俗旅行は泊まりなしの日帰り。昼から男二人で飯とショッピングを楽しみ、腹も落ち着いてきた頃に「んじゃあ行きますか、っと!」と店舗型ヘルスへ。
夏秋のシーズンだが大丈夫か?空いてるか?という不安が的中して2時間待ち。先に予約しておけば良かったなと風俗の遊び方の基本を改めておさらいする風俗マニアの二人。

そして何とか時間を潰し入ったのは、京都では有名なグループの中の人妻ヘルス。はんなり京都弁の人妻なんて、これ以上のシチュエーションはあるだろうか。俺についたのは35歳のこれまた小奇麗なスレンダー美女。しかも口元にほくろとかあって隠し切れない色気が俺のチンを襲ってくる。

正直、ズボンの上から擦られただけで声が漏れるくらいの視覚的なヤバさはあった。やっぱり観光客相手に慣れているのか、普段使っていないような京都弁もしっかり喋ってくれる。

チンがはち切れそうになったのは、四つんばいにされたことだった。これだ、この羞恥心すら快感に変わる感じがお姉さんとのプレイの特徴だ。後ろから覆いかぶさってチンやらチクビやら首筋やら3点4点は軽く同時責めしてくる。

四つんばいのまま、ぶるりと震えてシーツにぶちまけてしまった。手コキ発射も悪くないと思えるのは相当なテクニックがある嬢のときのみだ。

外に出ると店の前でタバコを吸う悪友が立っていた。どうやらフリーで入った子がショートカットで全然ムラッと来なかったとブーたれていた。でもしっかり抜いてもらったんでショ?と聞いたら小さい声でうんと答えていたので男ってこんなもんなんだよね。

グループ店だけあってサービスもしっかりしてて、風俗旅行初心者はこういうハズれないところを選ぶといいよ。

ファッションヘルス料金(80分)14,000円
交通手段(往復)と料金阪急電車800円
ホテル代0円
飲食代1,269円
総額京都風俗旅行は16,069円でスッキリ♪

いわずと知れたギャルの聖地渋谷。のはずだが、最近はギャルらしいギャルはあまりいないようだ。髪も染めてはいるが、金髪より茶髪率の方が高く感じるし、なによりあのゴテゴテとしたネイルやら付けまつげやらの主張がずいぶん減少したような気がするのだ。俺の知っている渋谷は、もっとギラギラとしていて、何も食べずともそのまぶしさに若干の胃もたれを起こさせるほどにギャルパワーが溢れかえっていたのだが。

今回は仕事の都合で2泊となったため1日目は渋谷で、2日目は麻布で夜遊びをしてきた。おかげで俺の財布は寒さに震えているが、直接肌と肌を触れ合い温めあったので心はぽかぽかだ。おっと、尾崎みたいな事言ってしまった(尾崎はこんなに稚拙な表現しないか)。麻布の件はまた後日、記事にしようと思う。

さて、街を見渡してもインパクト大なギャルを見つけることは叶わなかったが、もしかしたら夜の女の子たちの中には期待通りの子も見つけられるのではないか。凶器のようなネイルをした指で息子を弄ってくれるのではないか。というわけで道玄坂のあたりのヘルスに行ってみることにした。デリヘルであればギャル専門!と謳っている所も見つけられたのだが、なにせ連泊なもので、嬢の喘ぎ声が廊下までわたり響いてしまうというような事態は避けたかったのだ。

ヘルスで1番髪色の明るい嬢を指名し、いざご対面。…あれ?これは…。ギャルじゃなくて個性派さんだった。雰囲気木村〇エラ。顔は全然違ったが。ちょっと戸惑いつつも、プレイに入ったらなかなかのテクニシャンでそちらは満足いくものだった。因みに、爪は短かった。コンクリートみたいな色に塗られており、所々剥げてきているのが印象的だった。

ヘルス料金(60分)18,000円
交通手段(往復)と料金飛行機21,000円
ホテル代(2日連泊)12,000円
飲食代(2日合計)およそ10,000円
総額渋谷風俗旅行(2日目麻布でガールズバー)は61,000円でスッキリ♪

風俗旅行の最大の敵(?)はここ、新宿歌舞伎町。女には危険な場所、夜は出歩くなとよく言われるような場所だが、男にとってもある意味怖い場所だ。大人の欲望が渦巻くネオン街、俺みたいな関西人は、どういう顔をして歩けばいいのかー。というのはまぁウソで(笑)
店を決めずにフラフラと歩いていたら声を掛けられでもしたら動揺するかもしれないが、事前に遊ぶ店を決めていれば「あ、大丈夫っス」とスルーできるから心配ない。

だがやはり東京以外の場所へ遊びにいくよりは、少しくらい構えておいたほうがいいかもしれない。周囲のギラギラ感に思わず息を呑む。大阪も都会だと自負していたがこれは全く違うタイプのやつだ。
ここで踵を返して大好きなデリヘルを選んでも良かったが、天下の歌舞伎町まできてこのネオンの中で遊ばないなんて男が廃ると思った。

きっと周りの男たちも同じことを思っているんだろう・・・と勝手にシンパシーを感じながら、俺はお馴染みの赤いモニュメントを潜り抜けた。日本最大の歓楽街である歌舞伎町、実はソープが少ない。片手で数えられるくらいだ。だからこのギラギラしている店の並びのほとんどはファッションヘルスということになる。これは結構意外だった。

しかし歓楽街の王様ならば、風俗の王様であるソープで遊ばなくては始まらない。俺は前々から決めていた1件の店に入っていった。そこは50分だとか70分だとかの短いコースからあって、旅行客にはありがたい。値段も2万を超えないあたりが良心的。指名料もなしで調べる前思っていたよりも全然安くついた。

ソープは個人的に落ち着いた感じがいいと思っているから、元気系よりも大人系の風俗嬢を選ぶ。濃い茶髪のロングヘアの子を選んだが、一つに結ぶ仕草が色っぽくて息を呑んだ。歌舞伎町という場所で、限りあるソープで働いている子はどんな子なのかと思っていたが、なんてことはない、少し男の扱いに慣れた(Hな)女の子だった。

ソープ料金(計50分)17,000円
交通手段(往復)と料金飛行機19,800円
ホテル代4,900円
飲食代3,320円
総額歌舞伎町の風俗旅行は45,020円でスッキリ♪