北海道の歓楽街といえば札幌、すすきのだ。風俗もキャバクラも行ききれないくらいたくさんあって、アドレナリン出まくりの街。だがしかし、北海道の自然や景色を感じたい、街めぐりをしたいというのなら断然小樽の方を推す。
都会的な感じとはまた違って、旅行客は多いのに高いビルがあまりない。そういうところが、街中を歩くだけでもホッとできる理由の一つだと思う。

あと何となくだが、札幌よりも小樽の方が女性受けは良いと感じる。なぜなら小樽でしか買えない雑貨に食べ物のような土産がたくさんあるからだ。もし仮に彼女が不機嫌になってしまったら、小樽で買い物しよう!と言えばいい(多分)。

小樽と言えば小樽運河。小樽運河は昼も夜も、どっちにも歩きたくなる場所。昼間は遠くに山が見えるし、綺麗なんだけど自然が残ってる感じで北海道にきた感がじわじわと味わえる。小樽運河周辺には土産もそうなんだけど、新鮮な海の幸がわんさかある。これがまたウマイ。

カニやホタテも他のところで食べるものとはレベルが違うのだが、特にウニのウマさはハンパない。あれは新鮮でないと病院のような味(?)や苦味、磯臭さがするから苦手なのだが、小樽で食べたウニ丼は旨味だけが残っている感じだった。

そんな感じで、飯はウマいし街を歩いてる女子グループがいたりと、風俗で遊ばずとも目の保養、リラックスになる。ただ歩くだけでこんなにリフレッシュできる街もそうそう無いだろう。

交通手段(往復)と料金飛行機28,600円
ホテル代3,700円
飲食代4,600円
総額北海道小樽旅行は36,900円で満足♪

先週大阪から札幌まで仕事で出向く用事があった。今回は旅行ではなく出張だ、まぁほぼ観光気分だが…。最近よく世話になるLCCの飛行機。千葉までより格安のは驚いた。

札幌といえばすすきの。男にとってはすすきの。なのに・・・なのにだ。
なんと札幌の社員と飲みにいく流れになってしまったのだ。元々酒は好きだがそれは女子と飲むからウマイのだ。こんなムサイ男連中と飲みに行くくらいなら風俗の女の子とアレやコレやしたいんだが…社会人はそうはいかないのである。

札幌の飯は旨かった。外のもんにはこれじゃーといわんばかりにジンギスカンをご馳走になった。結局お開きになったのは0時過ぎ。すすきのがすぐそこにあるのに・・・ううっ。しかしそこはいつもの作戦で、すすきの発のデリヘルで事なきを得た。

正直、やはりデリヘルの方が満足度が高い気がする。自分が派遣風俗好きというのもあるが、店に行かず完全に2人きりというのがイイんだと思う。しかも重視すべきは、すすきののデリヘルの安さにある。今回もド定番の60分コースで呼んでみたが、指名なしで10,000円ポッキリ。遊んだ店だけではなく、他のデリヘルも同じくらい安かった。

観光地だし三大歓楽街なんて呼ばれてるからてっきりお高いもんだと思ってたが、サービスそのままに値段だけリーズナブルになるのは嬉しい。東北の女の子は色白だという噂、ホテルの部屋を薄暗くしていたのでよく分からなかった。もっとも重要なところをお伝えできなかった俺を許して欲しい。
あと出張だったので1日目の夜のジンギスカン以外はほとんど牛丼といういつもの格安旅行だった。

デリヘル料金(60分)10,000円
交通手段(往復)と料金飛行機10,500円
ホテル代2,900円
飲食代2,400円
総額すすきの風俗旅行は25,800円でスッキリ♪