吉原といえば東京最大のソープ街がある有名なエリアだ。高級ソープが立ち並ぶイメージがあるが、実は格安~普通レベルで気軽に通えるような店のほうが圧倒的に多い。

とある情報サイトではソープランドが高級と言われるレベルは、総額が5万以上の店らしい。普段格安風俗旅・節約風俗旅をしている俺にとっては縁のない世界だと思っていたが・・・。

なんと5万5千円する高級ソープランドへ突撃することとなった。ボーナスという名の札束を持って。このご時世である、少ないボーナスだが今回は最初から無いつもり(臨時収入のような気持ち)で思い切り使ってしまおうと。

吉原の高級店は総額表示ではなく入浴料だけが載っていることが多い。通常なら総額は6万5千円だったが、ネットで色々調べ某サイトからのフリー予約で1万円引きになった。まぁ、5万でも高いが120分コースなので時間にしては案外普通だと思う。60分あたり25,000円ということになるし。高級店ならフリーでもそこそこの嬢と出会えるだろう。

入店して案内されたのは、目が切れ長でセクシーな俺ドストライクな泡姫だった。可愛らしい子や新人の子も多かったから、その中でタイプのお姉さん系に当たったのはラッキーだった。

俺の喋り口調から、関西からいらっしゃったんですか?と聞かれる。そうだよ~と答えると、大阪!絶対大阪でしょ?とズバリ当てられる。そんなに関西のオッチャンぽいかなぁ。

明るくて会話が弾むし、プレイに入ってもチンコ洗ったりマットで密着するなど手際が良い。テクニックを披露されているというより、会話している中で自然にキモチイイことをされている感じだった。だから、気持ちいいときにアッやらウッやら言うのが少々恥ずかしかった。

一番良かったのは、騎乗位でフィニッシュできたことだった。自分が動かずに相手に動いてもらい絞られる、というのは高級店だから味わえた終わり方ではないだろうかと思う。

2回目はこちらのオチンがしょぼくれてしまったので、フェラでねっとりゆっくりご奉仕してもらった。120分だから時間が足りない心配もなく、心に余裕を持って遊べた。

5万円の価値があるのかないのかというのは、普段お得な風俗を探して遊んでいる立場から言うと「60分25,000円のソープに2回通った方がいいかも」が正直な感想である。

ソープランド料金(120分)55,000円
交通手段(往復)と料金飛行機LCC/16,500円
ホテル代6,320円
飲食代4,680円
総額吉原風俗は82,500円でスッキリ♪

前回すすきの旅をしたのはいつだったか見返してみれば、2014年の5月だった。あれからもう3年も経ったのか!あのときは出張のついでにデリヘルで遊んだんだったな。今回はたっぷり自由時間がある、完全自費でのすすきの旅行だ。

デリヘル好きの俺ではあるが、あのすすきので、店舗型風俗が営業している時間に暇があるのにソープに行かないなんて男が廃る。そんな謎の使命感を胸に、手元のスマホでは必死にソープランドを探していた―。

すすきのは有名なソープ街ではあるが、格安か一般的な料金の店が多い。そもそも高級店があったとしても格安旅には不向き・・・ん?なんだこの天使のような子は。本当にこのルックスでEカップなのか?!何ということだろう、高級クラブ嬢か?と見まごう程のベッピンさんを見つけてしまった。

しかし料金を見て若干怖気づく。いや、こんな高級感満載の店で70分23000円なら十分な安さだ。しかし今回はすすきのソープの安さに甘えようと画策していたから、予定よりも樋口さん1人ほどお嫁に出す羽目になった。

俺の樋口さんは実にいい働きをしてくれた。天使がふかふかのおっぱいで俺の顔を包んでくれる。乳首もそんなに大きくなく感度が高いようでずっと腰をくねくねさせていた。いざ!出陣!

締まりがいい~~~(昇天)狭くて気持ちいい~って言ったら、トレーニングしてるんですよ♪って可愛い声で教えてくれた。可愛くて努力家なんて非の打ち所がない。可愛いM子だと思ったらM字開脚騎乗位でガンガン責めてくるSっ気もあり、まるで塩キャラメルのような夢のSMコラボを体験したのだった。

ただし、俺は忘れかけていた。思わぬ予算オーバーで早くも2日目の予算が1万円を切ってしまったことを―。控えめに言って大馬鹿である。ただし、限りなく少ない予算でも奇跡が起こるのがデリヘル。2日目は格安風俗旅行の本領発揮だ。

ソープランド料金(70分)23,000円
交通手段(往復)と料金飛行機17,000円
ホテル代4,970円
飲食代6,831円
総額すすきの風俗旅行は51,801円でスッキリ♪

先日仕事で神戸へ行った時に、思わぬ時間が空いたので風俗で一発抜いてもらってきた。2時間ほどの空きだったので真っ先にホテヘルへ電話。予約を済ませ急ぎ足でオレンジ色のあの店に猛進し、F1のピット作業のごとく牛丼をかっ食らい元町へと向かった。
本当は中華街でラーメンや肉まんなどを食べたかったが、移動の関係であきらめた。すぐそこに中華街があるのに。今度はいつありつけるのだろう…。

変わりにとびっきりの神戸美人な風俗嬢を食べるからいいさ。などと若干妄想しつつ、指定場所に向かう。そのホテヘルには俺好みな清楚系美人がわんさか在籍しているようで、時折HPのグラビアを見ながらニヤニヤしつつ、神戸で機会があったらここを利用するぞと意気込んでいたのだ。

待ち合わせピッタリの時間に嬢が駆け寄ってきた。トレンチコートにふんわりとしたパーマで、正に思い描いた通りの清楚な神戸美人!ああ、素晴らしい。

「待たれました~?」
大阪弁とは若干ニュアンスの違うおっとり口調がまたいいのだ。雑談しつつホテルへ。コートを脱いだら、ブラウスにスカートという王道コーデで、更にテンションがあがる。電話をしてもらってる内に入念に歯みがきをし、さぁいざプレイ!

互いに脱がしあいをし出て来た柔肌は、白く透明感がありスベスベ。おっぱいは小ぶりながら形がよく、何より脚線美がたまらない。ヘアーも薄めで極上ホテヘル嬢に出会えて感激である。と、ここで「あんまりじっくり眺めないでください。恥ずかしい~」なんて言われてしまった。俺としたことがついつい見とれてしまった…。

とても舌が器用な子だった。キスもフェラも熱く濃厚で、タイプという事も相まっていつもよりも限界が早く来た。1発素直に口で受け止めてもらい、時計を見るとあと20分もある。久々に60分で2発、イケるか?と自問自答。即座にイケる!と判断しお願いすると「もちろんええですよ~」とにっこり。
今度は俺から攻める。乳首が感じるらしく、コリコリするとかわいらしくアンアンないてくれた。内ももからヘアーをかき分けクリトリスを攻めるとひときわ大きい声で喘いだ。ナカよりクリ派と確信しシックスナインをお願いしてクリを集中的に攻める事にした。

お互いに攻めまくり、汗ばみながらイッた。久々の2発だったが無理した感じではなく、相手が良かったのだ。60分でしめて1万8千円。大満足であった。
今度は中華街でゆっくり食事もしてのフルコースを楽しめればいいな…等と贅沢極まりない事を考えつつ大阪へと戻ったのであった。

(今回は長めに、プレイ内容も詳しく書いてみたがどうであろうか。ご感想など頂けると大変嬉しい。)

ホテヘル料金(計60分)18,000円
交通手段と料金電車320円
ホテル代3,200円
飲食代550円
総額神戸元町の風俗旅行は22,070円でスッキリ♪