今回夕食は早めに牛丼で済ませ、晩酌がてらいつか自分へのご褒美にと前々から下見をしていた地元大阪お膝元、かの有名料亭型風俗街「飛田新地」に行ってきた。
地元にもかかわらず今まで何故紹介してこなかったのかというと、ここの料金は正直なところ「格安」とは言い難かったからだ。

自分としては本当に他に誰も居ない空間でふたりきりで十分な時間イチャイチャプレイをするのが好きなので基本的には派遣型のデリヘル推しなのだが、この「飛田新地」はその逆を行くシステム。お店の中で短時間で会話もそこそこ本番行為というモノ。

しかし地元民の自分としてはホテル代も飛行機代も掛からない故に、結局トータルで考えると格安風俗旅行よりは安いということになる。
何よりここはまさに男なら死ぬまでに一度は旅の目的地として立ち寄るべき場所なのでとうとう取り上げてみた次第。

ここの利点はなんと言っても店頭で実際に相手の女の子を見ることが出来るところ。なのでパネマジ一切なし、且つその女の子のルックスは日本風俗界屈指のレベルなのだ。
芸能モデルやアイドル並み?いやヘタするとそれ以上の女の子がゴロゴロいる。実際に某有名AV女優もここで昔働いていた。

一応この街の営業時間は昼13時〜24時までだが、本格的に賑わうのは夕方から。なので本格的にこの街の雰囲気ごと楽しみたい場合は、夜行くことをお勧めする。
そんなわけで、妖しい赤やピンクの光に照らされた綺麗な女の子達が長屋のようなお店の入り口からこちらに天女か天使かはたまた小悪魔の微笑みを浮かべて手招きをするという、まさに夢見心地の異空間。ただ歩いているだけでも十分楽しめ、目の保養にもなる。

ここは嬢の年代ごとに通りが分かれていて、1番若い20代前半の女の子が集まっているのが「青春通り」。
それより少しお姉さんな「メイン通り」。
そして最後に気をつけたいのが、熟女以上からの「妖怪通り」だ。この通りにいる嬢はかなり熟成されているので注意。

もちろんキレカワお姉さん好きの自分は「メイン通り」へ。
料金は15分11000円、20分16000円、30分21000円、45分31000円、60分41000円…とかなり高い。
自分は20分コースを選択したが、正直これはホテル代込みデリヘル60分の料金に匹敵するので自分としてはなかなかに躊躇う金額。しかし何事も経験である。
そして自分が「この人なら20分(実質プレイ時間15分)でイケる!」と選んだ女の子は、ボンデージ風の黒いドレスを着た、色白巨乳に切れ長の目のロングヘアーのお姉さん。
20分で会話もそこそこに早速布団に寝転んでS着手コキフェラからの挿入。いくら超絶可愛い子と本番行為が出来るとはいえ、やはり慌ててイキ急がなければいけないのは非常に残念。
ギリギリ時間内にイケたけれど、事後の余韻に浸れることも無く彼女とお別れ。

確かにスッキリした、しかし何かノスタルジックな物悲しさも同時に感じた体験だった。
事後に貰えるキャンディーを舐めながら、やはり自分にはデリヘルの方が性に合っているのを再確認したのであった。
だがしかし、飛田新地よ永遠なれ。

ちょんの間料金(20分)16,000円
交通手段(往復)と料金0円
ホテル代0円
飲食代1000円
総額飛田新地は17,000円でスッキリ♪

 

吉原といえば東京最大のソープ街がある有名なエリアだ。高級ソープが立ち並ぶイメージがあるが、実は格安~普通レベルで気軽に通えるような店のほうが圧倒的に多い。

とある情報サイトではソープランドが高級と言われるレベルは、総額が5万以上の店らしい。普段格安風俗旅・節約風俗旅をしている俺にとっては縁のない世界だと思っていたが・・・。

なんと5万5千円する高級ソープランドへ突撃することとなった。ボーナスという名の札束を持って。このご時世である、少ないボーナスだが今回は最初から無いつもり(臨時収入のような気持ち)で思い切り使ってしまおうと。

吉原の高級店は総額表示ではなく入浴料だけが載っていることが多い。通常なら総額は6万5千円だったが、ネットで色々調べ某サイトからのフリー予約で1万円引きになった。まぁ、5万でも高いが120分コースなので時間にしては案外普通だと思う。60分あたり25,000円ということになるし。高級店ならフリーでもそこそこの嬢と出会えるだろう。

入店して案内されたのは、目が切れ長でセクシーな俺ドストライクな泡姫だった。可愛らしい子や新人の子も多かったから、その中でタイプのお姉さん系に当たったのはラッキーだった。

俺の喋り口調から、関西からいらっしゃったんですか?と聞かれる。そうだよ~と答えると、大阪!絶対大阪でしょ?とズバリ当てられる。そんなに関西のオッチャンぽいかなぁ。

明るくて会話が弾むし、プレイに入ってもチンコ洗ったりマットで密着するなど手際が良い。テクニックを披露されているというより、会話している中で自然にキモチイイことをされている感じだった。だから、気持ちいいときにアッやらウッやら言うのが少々恥ずかしかった。

一番良かったのは、騎乗位でフィニッシュできたことだった。自分が動かずに相手に動いてもらい絞られる、というのは高級店だから味わえた終わり方ではないだろうかと思う。

2回目はこちらのオチンがしょぼくれてしまったので、フェラでねっとりゆっくりご奉仕してもらった。120分だから時間が足りない心配もなく、心に余裕を持って遊べた。

5万円の価値があるのかないのかというのは、普段お得な風俗を探して遊んでいる立場から言うと「60分25,000円のソープに2回通った方がいいかも」が正直な感想である。

ソープランド料金(120分)55,000円
交通手段(往復)と料金飛行機LCC/16,500円
ホテル代6,320円
飲食代4,680円
総額吉原風俗は82,500円でスッキリ♪

前回すすきの旅をしたのはいつだったか見返してみれば、2014年の5月だった。あれからもう3年も経ったのか!あのときは出張のついでにデリヘルで遊んだんだったな。今回はたっぷり自由時間がある、完全自費でのすすきの旅行だ。

デリヘル好きの俺ではあるが、あのすすきので、店舗型風俗が営業している時間に暇があるのにソープに行かないなんて男が廃る。そんな謎の使命感を胸に、手元のスマホでは必死にソープランドを探していた―。

すすきのは有名なソープ街ではあるが、格安か一般的な料金の店が多い。そもそも高級店があったとしても格安旅には不向き・・・ん?なんだこの天使のような子は。本当にこのルックスでEカップなのか?!何ということだろう、高級クラブ嬢か?と見まごう程のベッピンさんを見つけてしまった。

しかし料金を見て若干怖気づく。いや、こんな高級感満載の店で70分23000円なら十分な安さだ。しかし今回はすすきのソープの安さに甘えようと画策していたから、予定よりも樋口さん1人ほどお嫁に出す羽目になった。

俺の樋口さんは実にいい働きをしてくれた。天使がふかふかのおっぱいで俺の顔を包んでくれる。乳首もそんなに大きくなく感度が高いようでずっと腰をくねくねさせていた。いざ!出陣!

締まりがいい~~~(昇天)狭くて気持ちいい~って言ったら、トレーニングしてるんですよ♪って可愛い声で教えてくれた。可愛くて努力家なんて非の打ち所がない。可愛いM子だと思ったらM字開脚騎乗位でガンガン責めてくるSっ気もあり、まるで塩キャラメルのような夢のSMコラボを体験したのだった。

ただし、俺は忘れかけていた。思わぬ予算オーバーで早くも2日目の予算が1万円を切ってしまったことを―。控えめに言って大馬鹿である。ただし、限りなく少ない予算でも奇跡が起こるのがデリヘル。2日目は格安風俗旅行の本領発揮だ。

ソープランド料金(70分)23,000円
交通手段(往復)と料金飛行機17,000円
ホテル代4,970円
飲食代6,831円
総額すすきの風俗旅行は51,801円でスッキリ♪