大阪に住んでおいて言うことでもないかもしれないが、神戸は綺麗な大都会だ。歩いている女の子もちょっと違うし、清楚な感じがする。あんまり見ると警戒されてしまうので横目でチラ見する技術を身に付けている。
なぜ今回は近場の三宮かというと、食べ歩き旅行をしたくなったからだ。遠出するほど金がない、それならば気分だけでも旅行な感じを味わおうと神戸に降り立ったのだ。

食べ歩きといっても、もちろん男の気分転換に欠かせないのは風俗遊び。食べて飲んでいちゃついて、というのがテッパンの流れだ。神戸の中で最もアツいナイトスポットは神戸駅の西側にある福原エリア。
ソープがズラズラ~と並んでいて、ザ・ネオン街という感じ。
でも食べ歩いて遅くなるとソープには遊びに行けないし、やっぱりデリヘルだな!となるわけだ。

まぁその前に腹ごしらえといきたいところ。三宮の隣には、元町というエリアがある。元町には中華街があり、店も多いが屋台のようなものもたくさん並んでいて、小龍包に肉まんと食欲がそそられる湯気と香りが辺りに充満している。

ぐぅ~と腹も待ちきれない様子で若干気をつけながらも我慢できずに口に放り込む。「っぐあっ・・・!!」一瞬で口の中が熱さでやられた。店員にハハハッと笑われた。一人でこの苦行は無理なのか・・・!と思っていたら、隣で箸で穴を開けて器用にスープをすすっている人がいた。

照れながらくぱぁと皮を開け、全部冷やしてから食べた。
つい数日前の出来事なので今も若干口内が痛い。その腹いせに肉まんはふんぬと半分に割ってから堂々と食ってやった。めちゃくちゃ旨かった。

旨かったといえば三宮風俗の女の子もきっちりおいしくいただいた。中華街最寄りの元町駅近くにあるラブホテルで60分。素人デリヘルを指名なしフリーで入り格安を実現したが10代のデリヘル嬢が来た。
俺は若すぎる風俗嬢は正直苦手だ。話がかみ合わないことが多いし少しプロの香りがするテクあり娘のほうが好きだからだ。

最近はフリーでも22~25くらいの子が来てたのですっかり安心しきっていた。案の定事務的なことしか話さず、されずといった感じで不完全燃焼だった。神戸三宮の風俗店や女性が悪いのではない、俺の好みがピンポイントすぎるのが悪いのだ。

デリヘル料金(計60分)14,000円
交通手段(往復)と料金電車320円
ホテル代2,900円
飲食代1,000円
総額神戸三宮の風俗旅行は18,220円でスッキリ♪