以前、横浜中華街のある関内エリアには食べ歩きでお邪魔したことがあるが、横浜、特に横浜駅周辺は散策ができなかったので今回はそっちへ。

横浜駅は関内よりも北のほうにあって、位置関係は大阪でいうところの梅田と難波みたいな感じだろうか。関内は横浜中華街の最寄り駅というだけでぶっちゃけ駅周辺は普通の光景といったところだが、横浜駅はさすが神奈川の中心というだけあって、とにかくデカいビルがバーンバーン!!と立ち並んでいる。

どこかの一室からスナイパーに狙われても全く気付かず打たれて死ぬだろう(?)。

そんなドデカい街横浜、当然夜遊びスポットも十分に用意されていた。歌舞伎町やすすきの、中洲のような歓楽街をウリにしている街と比べると少ないが、ちゃんとソープやファッションヘルスといった店舗風俗もあるし選択肢はある。

とはいってもやはり一番豊富なのはいつもの、安定の「デリヘル」ちゃん!他の風俗が5以下の一桁なのに対し、デリヘルの数は40を軽く超えている。

横浜の新しくて若いイメージそのままに、多いジャンルは「素人デリヘル」と「格安・激安デリヘル」。今回は給料日後でお財布に余裕があったので、高級系の素人デリヘルをチョイスしてみた。久々の奮発である。

といっても60分16000円だから普通のところとそう変わったもんじゃないが、サービスはまさに高級だった。全てにおいて濃厚というか、真性のエッチ好き、ほんまもんなんじゃ・・・というくらいのぐいぐい加減。

アナル舐めを、そこまでやっていいんかい!?というくらい舌先を使ってぐいぐい。それが5分くらい続いて、もちろん気持ちよかったが男としてちょっと恥ずかしくなって照れてしまった。

今回のデリヘル嬢は21歳の若い子だったが、挨拶のときの初々しさとプレイ中のギャップがすごくてまたいけない扉を開いてしまった感じがした。若くて美人で可愛い子が、必死に俺の愚息を・・・って良いよね。

デリヘル料金(60分)16,000円
交通手段(往復)と料金飛行機25,000円+バス960円
ホテル代6,800円
飲食代3,628円
総額横浜風俗旅行は52,388円でスッキリ♪

腹が減っては戦ができぬ、ということわざがあるが、俺はそれに「だが金がなければ戦ができぬ」という言葉を勝手に付けて自分専用の教訓にしている。俺にとって旅行での優先順は風俗>キャバクラ>グルメなのであって、風俗で遊ぶ資金が果てるくらいなら激安牛丼…!になるのである。

だが旅行ではその場でしか食べられない絶品グルメも多いし、たまにではあるが風俗で散財しなければ肉まんが何十個食えるだろうと考えることもある。今回は、その貴重なグルメ最優先旅の様子をお届けしようと思う。

先週の休みを使い、飛行機で横浜へと飛んだ。先月友達、会社の付き合いやらで財布にさわやかな風が吹いていたため風俗とキャバクラはナシの旅になった(飛行機を予約していたし旅行には行きたかった)。
風俗を最優先する俺が唯一比較して悩むもの、それは中華料理だ。

チャーハンにラーメン、色々あるが一番は「肉まん・小龍包」。単純にウマイというのもあるが、小さいから色んな店のものを食べ比べできるし、食べ歩きができるのも旅行感があっていい。地方の小さな中華街も情緒があって好きだが、グルメ旅ならば日本最大の横浜中華街一択だと思う。

中華街があるのは横浜駅から3駅分南に進んだ関内という街。ちゃんと座って食べる店の間に、店頭販売している店が並んでいる。店に入るのは誰かと一緒がいい・・・こう見えて意外と繊細な男なのだ。
肉まんをほおばっている彼女がいない男の横をイチャつくカップルが何組も通っていく。くそっ。

5、6軒回ったころ腹もいっぱいになり、少し北まで戻り夜までみなとみらいで過ごすことにした。ここもカップルがわんさか…でもみんな横浜のシャレオツな雰囲気にのまれ、一人ぼっちの男なんてノー眼中のようだった。寂しい夜は女の子に会いに行きたくなるが、そっと開けた財布の風通りのよさに拍車掛かっていたため断念した。

交通手段(往復)と料金飛行機19,800円
ホテル代3,600円
飲食代3,580円
総額横浜中華街旅行は26,980円で満足♪