吉原といえば東京最大のソープ街がある有名なエリアだ。高級ソープが立ち並ぶイメージがあるが、実は格安~普通レベルで気軽に通えるような店のほうが圧倒的に多い。

とある情報サイトではソープランドが高級と言われるレベルは、総額が5万以上の店らしい。普段格安風俗旅・節約風俗旅をしている俺にとっては縁のない世界だと思っていたが・・・。

なんと5万5千円する高級ソープランドへ突撃することとなった。ボーナスという名の札束を持って。このご時世である、少ないボーナスだが今回は最初から無いつもり(臨時収入のような気持ち)で思い切り使ってしまおうと。

吉原の高級店は総額表示ではなく入浴料だけが載っていることが多い。通常なら総額は6万5千円だったが、ネットで色々調べ某サイトからのフリー予約で1万円引きになった。まぁ、5万でも高いが120分コースなので時間にしては案外普通だと思う。60分あたり25,000円ということになるし。高級店ならフリーでもそこそこの嬢と出会えるだろう。

入店して案内されたのは、目が切れ長でセクシーな俺ドストライクな泡姫だった。可愛らしい子や新人の子も多かったから、その中でタイプのお姉さん系に当たったのはラッキーだった。

俺の喋り口調から、関西からいらっしゃったんですか?と聞かれる。そうだよ~と答えると、大阪!絶対大阪でしょ?とズバリ当てられる。そんなに関西のオッチャンぽいかなぁ。

明るくて会話が弾むし、プレイに入ってもチンコ洗ったりマットで密着するなど手際が良い。テクニックを披露されているというより、会話している中で自然にキモチイイことをされている感じだった。だから、気持ちいいときにアッやらウッやら言うのが少々恥ずかしかった。

一番良かったのは、騎乗位でフィニッシュできたことだった。自分が動かずに相手に動いてもらい絞られる、というのは高級店だから味わえた終わり方ではないだろうかと思う。

2回目はこちらのオチンがしょぼくれてしまったので、フェラでねっとりゆっくりご奉仕してもらった。120分だから時間が足りない心配もなく、心に余裕を持って遊べた。

5万円の価値があるのかないのかというのは、普段お得な風俗を探して遊んでいる立場から言うと「60分25,000円のソープに2回通った方がいいかも」が正直な感想である。

ソープランド料金(120分)55,000円
交通手段(往復)と料金飛行機LCC/16,500円
ホテル代6,320円
飲食代4,680円
総額吉原風俗は82,500円でスッキリ♪

5月と言えばアレだ。GW。ゴールデンウィーク。これを楽しみに前回の広島旅行以来大人しくして風俗資金をコツコツと貯めてきたのだ。まぁ、お金が貯まらなくてもアッチは自然と溜まっていくから、どちらにしろ行くはイクのだが・・・。

さて今回は大型連休ということで、デリヘルからソープ、ピンサロまで何でも揃っている我らが東京さんへ旅立った。東京の風俗嬢やデリヘル嬢には何度かお世話になっているが、今回は長い休みということで東京内のあらゆる風俗の「聖地」を巡ってみることにした。

3泊4日の日程で、1日1風俗の計4店体験したわけだが、一番楽しい思い出として残ったのは2日目の昼に呼んだ鶯谷の韓国デリヘルだ。韓国といえばコリアンタウンがある新大久保のイメージがあったのだが、デリヘルとなると話は別のよう。

韓国の女の子ってどうなんだろうかと心配していたが、日本語も普通に通じるし、なんなら日本の女の子よりも人懐っこい感じがした。猫っぽい軽いツンデレ要素を感じて萌えた。

HPではどの店も美人の写真ばかりで写真とのギャップ(パネマジ)に不安を感じる韓デリだが、さすが美容の国というべきか本物も相当綺麗で可愛かった。足とウエストがキュッ!と締まっていた。

こちらから責めてやると、日本語の間でたまに韓国語らしきワードで喘ぐ。これまた、ほどよい異国感が新鮮だ。

韓国は近い国だけど、やはり女の子を見ていると外国人なんだなぁとひしひしと感じる。四六時中舐める、自ら上に乗ってくるなどなかなかに積極的で、今回珍しくフェラでも口内発射でもなく素股の状態でフィニッシュを迎えた。

イッた後も丁寧に拭いてくれて、時間ギリギリまでベッドや風呂場でイチャイチャ密着してくれて、本当に言うことなし。

ラブホから出た後はぼちぼちと歩いて上野動物園に行った。家族連れや子どもがはしゃぐ中、スッキリした顔のオヤジが一人ポツンとキリンを眺める。数時間前の自分、なぜこんなスケジュールにしたのだろうか。近いというだけでこのテンションの落差はヒドい。

初めての上野公園は、賢者タイムと共に終了したのだった。

デリヘル・ピンサロ計4回分51,000円
交通手段(往復)と料金飛行機26,400円
ホテル代23,920円
飲食代14,800円
総額鶯谷風俗旅行は116,120円でスッキリ♪

大人の男にとっちゃ○○ランドと言われたらソープランドしか思いつかんやろがい!と思いがちなのだが、実は世間ではそうでもないらしい。仕事柄と趣味柄しょっちゅうやれ東京やれ神奈川と関東方面に飛ばされるのだが、千葉は実は2回しか行ったことがない。お察しの通り、一回目はこのサイトにも書いた栄町ソープ体験だ。

そんな千葉初心者の俺、今回は千葉在住の知り合い(男)と予定が合ってしまい、とうとうあの巨大テーマパークに足を踏み入れることになった。その名もネズミーランド!!・・・くらい伏せておかないとダメな気がする。

まさか四十路の男2人で初体験することになるとは夢にも思っていなかったわけだが、この男は強面のくせしてプーさんが好きと抜かすから悪い意味でのギャップがハンパじゃない。絶対こいつは俺をダシにしてただネズミーランドに来たかっただけに違いない。

そう憎まれ口を叩きながらも、こちらもちゃんとネズミー後の楽しみは調べてあった。
ネズミーランドのある浦安市には、そこそこの数の風俗店が集まっている。もちろん千葉の中心地からは離れているからそのほとんどがデリヘルなのだが、デリヘルを呼べるラブホテルも浦安駅近くに2軒くらいとネズミーの近くにもあるから十分な布陣だ。

結果として始めは乗り気でなかった俺もネズミー先生の陽気な動きと意外と本格的なプーのはちみつ取り(アトラクション)に感動し思い切り笑顔にさせられてしまったのだが、大人のアトラクションにはまだ乗っていないだろ?とプー好き男から気色の悪いパスを嫌々受け取り2人でいざ大人の遊園地へー。

浦安のデリヘルで多いジャンルは、人妻と巨乳。さすがプーさん好き、巨乳にしよう!と即決で駅横のホテルで巨乳娘とランデブー。巨乳は何がいいって、パイズリはともかく異次元感が楽しめるのがいい。

街中で巨乳といえばほぼおばさんで、今の若くて細っこい身体に似つかわしくない巨乳をぶら下げている女子は滅多にお目にかかれない。しかも生乳をも拝めるときた。そのおっぱいに顔が包まれ、くるひ~!とか何とか言いながら幸せなひと時を過ごす。

特に予定はなかったがネズミーに誘われた瞬間は「1日が終わったな」と思ったもんだが、ネズミーも予想に反して面白かったし、浦安のデリヘルも非情に満足できた。エッチな大人にとっては、ランドだけでなく浦安全体が夢の国だったというわけだな。

デリヘル料金(60分)12,000円
交通手段(往復)と料金飛行機25,260円
ホテル代5,200円
飲食代6,931円
総額千葉風俗旅行は49,391円でスッキリ♪