地元大阪でも随分牛タンの店が増えてきたと感じる。友人や同僚と話していても、俺はココが好きだ俺はココ派だ、なんて牛タン派閥が出来上がっているほどだ。

いい歳の独身男、そんなことを気にするなと言われそうだが、やはり普段の外食代からするとちょい高めの価格設定だ。1,500円以上、店によっては2,000円を超える店もある。

だがしかし!今回はそんなみみっちいことを考えず、飽きるほど牛タンにまみれてしまおうという旅にしたかった。つまりは「仙台牛タンはしご作戦」だ。

大阪にも牛タン屋はあれど、仙台の店舗数には遠く及ばない。チェーンやメジャーどころはあるが、そうではなく地元に愛される牛タンとはどんなものか興味があったのだ。

仙台に降り立った後、早速ノーマルな牛タンにありつきたく事前に調べておいた店にたどり着いた。大阪には(多分)ないが仙台では定番で老舗の牛タン店だ。牛タン定食ではメインの牛タンはもちろんなのだが、テールスープも楽しみの一つだ。

塩味のほどよい厚さのシンプルな牛タン焼きと、茶碗の白飯とテールスープ。たまに口に放り込むキャベツとキュウリが、次の一手を引き立ててくれる。牛タンが半分になった頃から、味噌をつけ始める。この味噌がまたピリ辛濃厚で良いんだよなぁ。

昼から幸せな気分になりつつ、腹が落ち着いたら暇になりムラリとしてきたので、ヘルスで30分ほどお世話になってきた。空いてる子、と言って指名したからかルックスもプレイもまぁまぁな子が出てきたな。

まぁそれはそれとして、俺は可愛い女子ではないから昼食後にインスタ映えするスイーツを食べることもないため、夜になるまでは仙台駅の周辺をうろうろしたり瑞鳳殿まで足を運んでみたりした。

そしてお待ちかねの夕食は、ちょっと変わった「焼いていない」牛タン。牛タンがトロトロほろほろと口で崩れる牛タンシチューやゆで牛タン、そして今回の旅一番のお目当てである「タン刺し」。定番も捨てがたいが、こういった変化のある食べ方とクオリティはさすが本場と言わざるを得ない。

夜は酒と一緒に楽しむのが正解だな。

翌朝はさすがに肉続きで胃が重たくなっていたため、ビジホの朝食についていたおにぎりだけで過ごした。そのおかげか、昼もちゃんと別の牛タン店で楽しむことができた。

夜は帰りに牛タン弁当を買って飛行機に乗り込んだ。好きなものだがさすがに4食連続で食べ続けると、そこそこ飽きることが分かった。

ヘルス料金(35分)11,000円
交通手段(往復)と料金飛行機9,980円
ホテル代5,200円
飲食代10,900円
総額仙台牛タン旅行は26,080円で満足♪

今回は仙台の国分町にお邪魔してみた。一度は足を踏み入れておかないと風俗ウォーカーの名が廃る!と言っても過言ではないほどこの街の風俗街は発達している。

気合いを入れて早朝から出発し、昼前には仙台空港に到着。ぼちぼちと国分町に移動するとそろそろ腹の虫が鳴き出す時間帯だ。辺りを見回してみると、台湾料理店の「常盤酒家」の看板が目に入る。中華料理には目がない俺。わくわくしながら入ってみたのだが、この店の安さには驚かされた。大体中華系のお店に入ると、大体お腹の満足度と比例して財布の寒さに悩まされるのだが、ここはランチ時なら1000円札で御釣りがくる。安く着いた分夜の営み代に回せるというわけだ。昼食を食べ終えたら、夜の国分町へ妄想を滾らせながら周辺をブラブラして時間を潰す。街に明かりが灯ってきたら、いよいよお楽しみタイムの始まりである。

さて、より取り見取りの風俗店から、どんな女の子と夜を共に過ごそうかと考えあぐねていたが、こんなにバリエーションが豊富なら普段ではあまり選ばないようなお店を選ばなければ損・・・。というわけで今回は新しい試み、金髪海外女性をデリバリーしてみた。料金がいつもより高くついてしまったが、絶世の金髪美女を味わえるのだから致し方ない。やはり日本の女性とは一味も二味も違う。鼻筋のスッと通った顔立ちと、そしてなにより抜群のスタイル。聞くとFカップはあるという。魅惑のダイナマイトボディに俺の股間も疼きだす・・・。プレイ中に揺れる巨乳を揉んでやると英語の発音混じりに喘いでくる。日本人にはない艶やかな声がたまらなかった。

また新しい男の楽しみを開拓してしまった国分町旅行。とても有意義なひと時を過ごせたと思う。

デリヘル料金(60分)15000円
交通手段(往復)と料金飛行機17600円
ホテル代5200円
飲食代3,850円
総額国分町風俗旅行は41,650円でスッキリ♪