もう3年も経つんだな、前回の兵庫旅行から。前回は元町の中華街を歩いて小籠包でヤケドをしたり店員に笑われたり、肉まんを貪り食ったりして非常に楽しい旅だった。そういえば元町のラブホでデリヘル嬢もいただいた、というついでのような記憶がある。この時のデリヘル嬢は若すぎて素人すぎて好みじゃなかったんだよなぁ。

さて今回は近すぎる楽園として意外と降り立った回数が少ない兵庫、三宮。大阪に住んでいると、どうしてもまとまった休みがあると関東方面に行きたくなるんだよな。

前回三宮では福原のソープ街を尻目にお気に入りのデリヘルを呼んだわけだが、今回はソープで心身ともに爽快感を味わって来ようと奮発旅をしてきた。兵庫だと交通費があまり掛からないからプレイ代に注ぎ込める点が助かる。

福原はなんとここにある風俗の半分以上がソープという、関西のソープランドの聖地だ。デリヘルが風俗で最も数が多いとされている中で、ソープの数がそれと同等かそれ以上あるというのは全国でも有数の聖地の証である。

福原はソープ街として有名なだけでなく、しっかりした高級店の割合も多い。だから手が出ない?と思っている男も多いようなんだが、実は大衆店(激安~格安店)もたくさんあるんだよな。高い店か安い店、の2択らしい。

そして言わずもがな、俺は大衆店へ―。いつか高級ソープで遊んでみたいもんだ。

今回は1泊2日で大衆ソープを2軒回る計画にしておいた。行きの1日目は、福原ソープのレベルをはかるべくトップクラスの安さを誇る40分12,000円店へ。これは基本は15,000円なのだがサービスタイムの割引が効いた。指名料合わせて14,000円だ!

料金も料金なんであまり期待し過ぎずすました顔で入店したが、コスパが最高過ぎて何も言えずにスッキリ出し、出てきてしまった。可愛いのだ。泡姫が可愛いのだ。確かに一般的なソープよりは年齢が少し高かったかもしれない、だけど可愛いから全く気にならない。

特にくびれ+尻デカがエロくて、鷲掴みしながら腰を揺らすと涙を流して喘いでくれる。こっちも自分でも気持ち悪いくらいハァハァ言っていた。最安値でこれか~といい意味でのため息を付きながらの2日目は、慣れた泡姫が多そうなちょい本格ソープへ。

早朝からやっている!2万くらいを予算として探していたのだが、なんと早朝だと5,000円も安い・・・。性の力は強く、その日は驚異の6時起きをした。休みの日の起床時間ではない。

元々激安店ではないところなので、1日目とは違って泡姫ちゃんが若い&可愛い&おっぱいと至れり尽くせりだ。ちょっぴり眠たそうにしていたが、眠いね~というのも話題になり会話もかなり盛り上がった。

総評として「福原のソープランドは最高!!」。もうちょっと関西の風俗に金落とさにゃならんな~と感じた土日だった。

ソープランド計4回分31,000円
交通手段(往復)と料金電車640円
ホテル代2,870円
飲食代5,450円
総額鶯谷風俗旅行は39,960円でスッキリ♪