地元大阪でも随分牛タンの店が増えてきたと感じる。友人や同僚と話していても、俺はココが好きだ俺はココ派だ、なんて牛タン派閥が出来上がっているほどだ。

いい歳の独身男、そんなことを気にするなと言われそうだが、やはり普段の外食代からするとちょい高めの価格設定だ。1,500円以上、店によっては2,000円を超える店もある。

だがしかし!今回はそんなみみっちいことを考えず、飽きるほど牛タンにまみれてしまおうという旅にしたかった。つまりは「仙台牛タンはしご作戦」だ。

大阪にも牛タン屋はあれど、仙台の店舗数には遠く及ばない。チェーンやメジャーどころはあるが、そうではなく地元に愛される牛タンとはどんなものか興味があったのだ。

仙台に降り立った後、早速ノーマルな牛タンにありつきたく事前に調べておいた店にたどり着いた。大阪には(多分)ないが仙台では定番で老舗の牛タン店だ。牛タン定食ではメインの牛タンはもちろんなのだが、テールスープも楽しみの一つだ。

塩味のほどよい厚さのシンプルな牛タン焼きと、茶碗の白飯とテールスープ。たまに口に放り込むキャベツとキュウリが、次の一手を引き立ててくれる。牛タンが半分になった頃から、味噌をつけ始める。この味噌がまたピリ辛濃厚で良いんだよなぁ。

昼から幸せな気分になりつつ、腹が落ち着いたら暇になりムラリとしてきたので、ヘルスで30分ほどお世話になってきた。空いてる子、と言って指名したからかルックスもプレイもまぁまぁな子が出てきたな。

まぁそれはそれとして、俺は可愛い女子ではないから昼食後にインスタ映えするスイーツを食べることもないため、夜になるまでは仙台駅の周辺をうろうろしたり瑞鳳殿まで足を運んでみたりした。

そしてお待ちかねの夕食は、ちょっと変わった「焼いていない」牛タン。牛タンがトロトロほろほろと口で崩れる牛タンシチューやゆで牛タン、そして今回の旅一番のお目当てである「タン刺し」。定番も捨てがたいが、こういった変化のある食べ方とクオリティはさすが本場と言わざるを得ない。

夜は酒と一緒に楽しむのが正解だな。

翌朝はさすがに肉続きで胃が重たくなっていたため、ビジホの朝食についていたおにぎりだけで過ごした。そのおかげか、昼もちゃんと別の牛タン店で楽しむことができた。

夜は帰りに牛タン弁当を買って飛行機に乗り込んだ。好きなものだがさすがに4食連続で食べ続けると、そこそこ飽きることが分かった。

ヘルス料金(35分)11,000円
交通手段(往復)と料金飛行機9,980円
ホテル代5,200円
飲食代10,900円
総額仙台牛タン旅行は26,080円で満足♪

何を隠そう、広島には以前住んでいたことがある。そしてそれ以上に、えらく縁がある土地でもある。広島から他県に引っ越しをした後、他県の学校の修学旅行先が広島だったというまさかの「ホームカミング」な出来事があったのだ。

まぁそれはさておき、今回広島旅行先に選んだのは、そういえば前回お好み焼きしか食ってないな、と思ったからだ。

学生の頃の勝手な広島、広島市のイメージといえば「女の子も方言がカッコイイ」ということだった。どこか男らしい、悪めにいえばキツめな方言だった。人との出会いは多いほうだが、広島出身の人、とは出会ったことがないのだ。

その方言を喋る女子を求めて、あと前回も堪能したボリューム満点のお好み焼きを求めて広島市へとカミングしたわけだ。

広島市内の一番の遊び場はソープランド街で有名な薬研堀だろう。数としてはそんなに多くはないが、中国・四国地方でのソープランドは貴重なためあるだけで有難い存在だ。でも今回は安く済ませたいのもあったし素人っぽい娘の甘酸っぱい方言を聞きたかったという変態心が働いて、俺お馴染みのデリヘルにしておいた。

激安、激安、中堅の3つのデリヘルを2泊3日で呼んだわけだが、俺が地元人じゃないからというのと、ちゃんとした女の子が多く意外と標準語に近い喋り方をする子ばかりだった。

だからタメ語で良いからじゃけぇって言って~ってお願いしたらめちゃくちゃ笑われて、そこからどの女の子とも一気に距離が縮まって「ここ、バリ(すごく)大きいやん♪」と言われながらチューチュー吸われるのは夢心地だった。まだガキんちょだったときの女の子も、バリバリ言ってたな・・・。

そして3日間、デリヘル並みに励んだのがお好み焼き屋巡り。4件行けた。やっぱりあの焼きそばがたまらん。ボリュームがすごくて腹いっぱいになるし、なんたってあの甘いソースが広島感を出してくれる。

お好み焼きの違いはソースの違いでもあるかもしれない。今大阪に住んではいるが、やはり関西には染まり切れない何かを感じた。どっちのお好み焼きも好きだし、どっちの風俗嬢の方言も可愛いんだよな。

デリヘル料金×3回(計120分)38,000円
交通手段(往復)と料金新幹線+ホテルパック27,800円
ホテル代込み
飲食代11,050円
総額広島市風俗旅行は76,850円でスッキリ♪

寒い時期に出張で秋田に行く機会があった。

そこで取引先のTさんと意気投合。夜ご飯は何がおすすめかと聞いたら、いい店があるので一緒に行きましょうという流れになったのだった。秋田の名物が色々食べれるとあって腹を空かせて向かった。秋田と言えば米どころであり酒が美味く、きりたんぽやハタハタが有名だとはなんとなく知っていたのだが、実際に現地で食べるのは初めてだ。期待に胸が膨らむ。

胸が膨らむで思い出したんで書いておこう。今回は秋田美人としっかり遊んだきたぜ。次回の記事にしようと思っている。○○ちゃん白肌ふにふにで最高だったなぁ…。

…話を戻そう。俺が連れられていったのは地元でも有名だという小料理屋だった。女将さんがいい距離感で接してくれたのでとても居心地がよかった。普段食より女を地で行く俺だから、敷居の高さを感じると萎縮してしまってダメなのだがここは本当に良かった。

いぶりがっこと共に日本酒を。俺は基本的に1杯目は反射的にビールを頼んでしまう性質なのだが、Tさんにぜひ日本酒をと勧められたのだ。結果、大正解。なんだこのマリアージュは!今までいぶりがっこを知らなかったなんて人生の2割くらい損をしていた気がする!メインはしょっつる鍋ときりたんぽ鍋で大いに迷ったが、しょっつるに使われているハタハタは他の料理でも使われているという事できりたんぽにした。あまり食べた記憶の無いきりたんぽ…これまた人生を損していた気になった。澄んだスープに比内地鶏のコクがたっぷり詰まっていて心から日本人でよかった!と思えるような味だ。きりたんぽ自体も米のもちもち感と香ばしさがたまらない。ハタハタも本当に美味しかった。

そんな訳で秋田料理に舌鼓を打ち、大満足。さぁ、ホテルに帰って寝るか~と時計を見てみるとまだ21時前とな!?これは…呼ぶっきゃないでしょう。Tさんと別れた後に光の速さでデリヘルに電話をかけて予約を済ませたのであった。

交通手段(往復)と料金飛行機38,800円
ホテル代0円(ビジネスパックの為)
飲食代11,200円
総額秋田旅行は50,000円で満足♪