今回は地元の記事をば。大阪観光といえば梅田やら難波やらユニバやら中心を狙って来る人が多いが、たまに「太陽の塔を見たい」というやつもいる。

太陽の塔は知っての通り、万博のときに岡本太郎によって作られたシンボル的なもの。テレビで見たことがある人は多いと思うが、実際にその場で見たことのある人は意外といないだろう。まぁ、場所も遠いし1~2日の滞在が多い大阪旅行では最優先観光地にはならないのかもしれない。

万博記念公園は大阪といえば~のラインナップにはちゃんと入っているのだが、場所の詳細を知っている人はなかなかいない。ここは中心から遠く離れた吹田という場所にあって、交通機関はちゃんとあるが梅田からだと途中で乗り換えをする必要がある。合計で30分ちょっとくらいだろうか、時間はそんなに掛からない。

万博記念公園がなぜ男の旅におすすめかというと、広くてゆっくり歩けるからだ。中心部のごみごみした感じはなく、周りは緑だらけ。かと思えばさすが万博跡地、パビリオンや新しい施設のニフレルなど常に最新を突き進んでいる感もある。

ニフレルはあの有名な水族館である海遊館のプロデュースで完成した、水族館・動物園が融合したようなハイブリッドミュージアム。家族連れが多いから一人だと少し寂しい気持ちになるかもしれないが、せっかく来たなら立ち寄ってみたいところだ。普段では考えられないくらい澄んだ心の自分と出会えるかもしれない(笑)。

とにかく万博記念公園内は広い。結構見回るのに時間がかかる。もう大阪は梅田難波新世界ばっかで飽きたよ~なんていう男がいたら少し遠出して癒しの旅にするのもいいだろう。散々癒されてからの大阪市内での夜遊び、という大人ならではのギャップを楽しんでもいいしな。

交通手段(往復)と料金電車520円
ホテル代0円
飲食代0円
総額大阪吹田旅行は520円で満足♪

大人の男にとっちゃ○○ランドと言われたらソープランドしか思いつかんやろがい!と思いがちなのだが、実は世間ではそうでもないらしい。仕事柄と趣味柄しょっちゅうやれ東京やれ神奈川と関東方面に飛ばされるのだが、千葉は実は2回しか行ったことがない。お察しの通り、一回目はこのサイトにも書いた栄町ソープ体験だ。

そんな千葉初心者の俺、今回は千葉在住の知り合い(男)と予定が合ってしまい、とうとうあの巨大テーマパークに足を踏み入れることになった。その名もネズミーランド!!・・・くらい伏せておかないとダメな気がする。

まさか四十路の男2人で初体験することになるとは夢にも思っていなかったわけだが、この男は強面のくせしてプーさんが好きと抜かすから悪い意味でのギャップがハンパじゃない。絶対こいつは俺をダシにしてただネズミーランドに来たかっただけに違いない。

そう憎まれ口を叩きながらも、こちらもちゃんとネズミー後の楽しみは調べてあった。
ネズミーランドのある浦安市には、そこそこの数の風俗店が集まっている。もちろん千葉の中心地からは離れているからそのほとんどがデリヘルなのだが、デリヘルを呼べるラブホテルも浦安駅近くに2軒くらいとネズミーの近くにもあるから十分な布陣だ。

結果として始めは乗り気でなかった俺もネズミー先生の陽気な動きと意外と本格的なプーのはちみつ取り(アトラクション)に感動し思い切り笑顔にさせられてしまったのだが、大人のアトラクションにはまだ乗っていないだろ?とプー好き男から気色の悪いパスを嫌々受け取り2人でいざ大人の遊園地へー。

浦安のデリヘルで多いジャンルは、人妻と巨乳。さすがプーさん好き、巨乳にしよう!と即決で駅横のホテルで巨乳娘とランデブー。巨乳は何がいいって、パイズリはともかく異次元感が楽しめるのがいい。

街中で巨乳といえばほぼおばさんで、今の若くて細っこい身体に似つかわしくない巨乳をぶら下げている女子は滅多にお目にかかれない。しかも生乳をも拝めるときた。そのおっぱいに顔が包まれ、くるひ~!とか何とか言いながら幸せなひと時を過ごす。

特に予定はなかったがネズミーに誘われた瞬間は「1日が終わったな」と思ったもんだが、ネズミーも予想に反して面白かったし、浦安のデリヘルも非情に満足できた。エッチな大人にとっては、ランドだけでなく浦安全体が夢の国だったというわけだな。

デリヘル料金(60分)12,000円
交通手段(往復)と料金飛行機25,260円
ホテル代5,200円
飲食代6,931円
総額千葉風俗旅行は49,391円でスッキリ♪