なんで新幹線ってこんな高いん?飛行機乗るより新幹線ですぐ近くの東京行く方が高いってどうゆうことやねん!とツッコミしまくりながら降り立ちました…東京!

今回の目的はとあるデリヘル店。気性の荒い大阪女を相手にしてると、たまにこうやって東京にいるおしとやかな感じの女性に心まで癒してもらいたくなるんよね~。素人系のお店行くなら特にヤッ!
大阪は素人でも打ち解けるのが早すぎて、恥じらいやら初心な感じがまったく感じられんからつまらんのよ。

最終的には、コントみたいなことしてから、エッチなことするからムードも何もない。

まぁ~・・・という自論は置いといて、やっぱりヌッキする前は腹ごしらえをせんとアカンので、ラブホ近くのお好み焼き屋に凸。東京の粉もんというだけで多少の不安はあるが、今はどうしても“お好み焼き”が食べたい。もうホームシックなんかな?

しかしここの、お好み焼き…評判高いだけあって美味い!試しにもんじゃ焼きも食ってみたがソレも美味い!深みのあるソース味が癖になる。

ガチャガチャした雰囲気といい、昼間っから酔っ払いが湧いている感じといい、もうここだけ大阪にいるみたいや。

腹もふくれたところで、ラブホに戻ってデリヘル店探し。
ちょっとお高めの素人専門店だからルックスは間違いなく可愛いだろうとワクワクしながらシャワー2回浴びました。

案の定、女の子のルックスレベルは過去最高級!
人気嬢だからか、さほど素人感は感じられなかったが、おしとやかで上品な雰囲気があって全然大満足。
これで恥じらいとかされたら、鼻血で病院送りになってまう。

楽しくお喋りをしていると、その嬢が突然テレビの下からマイクを2本取り出してきた。
「ここカラオケもできるんですよ?」と言いながら渡してきたので「なんや歌っとくか!」とおっちゃんノリノリで熱唱。

2~3曲喉を震わせて攻守交替。
さて、どれほどのもんか…と耳を立ててみると、もう鳥肌もんの美声!
まったく知らん歌やったけど、こう胸に来るとはこのことやね?という歌声。ついついリクエストしすぎてしまって時間も残りわずかというところで、泡食ってシャワー。

ただ、あの歌姫級の歌を歌える子と…というのが更に興奮材料になって、ついつい喉奥で締め付けてもらうイラマで、大量に口ん中に注射してもうた。

涙目で「気持ち良かった?」と聞いてくる嬢を見て、明日の予約までしてしまいました。
明日こそは金玉1個なくなるくらい、口の中に注ぎ込んでやろ。

遊び代40,000円
交通手段・交通費新幹線 28,060円
ホテル代9,800円
飲食代4,500円
総額82,360円て・・・東京行くのは高いけどやっぱり最高や♪

浅草、鶯谷には行ったけど上野には行っとらんな~。動物園には行ったけど肝心のアメ横と仲町通りを体験しとらんではないか!?行くしかないよな?ということでいつもは大体飛行機だけど今回は新幹線を使って上野にGO!優雅に電車に揺られてまったりスマホで漫画でも読んでいくのもええね~。2時間くらいミナミの帝王を読んだ頃に上野駅に到着。

キャバクラがオープンする20時までにはあと2時間弱。アメ横の露店で飯でも食ったろ~思ったら人多すぎや!なんやコレ!肩がぶつかるぶつかる。ちょい肌さむくらいの気温なのに50mくらい進んだだけで汗だくや、たまらん。

でも見つけた!露店のマーラータン屋!なんだか久々に辛いの食べたい!注文を受け付けるところにいるオバチャンの前に行くと中国人にでも見えたのか中国語でなんや言われたけど、日本語で「えっと・・・マーラータン1つと小籠包ください」って言ったら「あ~あ~3番でお呼びしまーす」って言われたw

番号を呼ばれて食事を取りにいくと、見た目は5点。そして食べてみる・・・むむ!100点!これは美味い!特に小籠包は絶品。アツアツで皮を破るとアツアツの肉汁がジュワ―って口の中に広がって最高だ!

まぁ余興はこんなもんにして少し早いけど食べ終わってしまったので、今度は仲町通りへ。まだやってないと思ったけどチラホラと店のボーイだかキャッチだかが立っとる。そこで一人のお兄ちゃんに声をかけてみると、どうやらお店の黒服だったので、そのまま値段交渉。

1000円くらいまでの値引きはスグにしてくれたが、大阪在中の俺には納得がいかない!つい興奮して方言も出てあと1000円の値引きをするためヒートアップ!熱がちゃんと伝わったのか最初の1時間2,000円引き、生ビール1杯無料でエントリーw

なんかきったないビルだったけど中は広くゴージャス!これは気分がエエ!ドカっと沈みすぎのソファーに座るとすぐにミニドレスの女の子がついてくれる。「ども~お初でーす!大阪から遊びにきちゃいましたー」なんて自己紹介すると、のっけからつかみはグー。

大阪の女にはない上品さがあって、話もずっと飽きずに聞いてくれるしこのキャバクラ居心地最高やんか!調子にのってガンガン喋ってたらボーイが来て女の子をチェンジしようとしたので、すかさずストップ。場内指名もいれて結局25時の閉店まで居座ってしまったw

予想外に居てしまったが値段は良心的!東京てこんな安かったっけ?と思いつつも本来1泊のつもりで来てたのが、お金が余ったので明日も仲町通りへ繰り出せそうだ♪ラッキー♪

キャバクラ料金(計300分)32,000円
交通手段・交通費新幹線29,440円
ホテル代 4,800円
飲食代800円
総額69,440円で男前になった気分やー♪

5月と言えばアレだ。GW。ゴールデンウィーク。これを楽しみに前回の広島旅行以来大人しくして風俗資金をコツコツと貯めてきたのだ。まぁ、お金が貯まらなくてもアッチは自然と溜まっていくから、どちらにしろ行くはイクのだが・・・。

さて今回は大型連休ということで、デリヘルからソープ、ピンサロまで何でも揃っている我らが東京さんへ旅立った。東京の風俗嬢やデリヘル嬢には何度かお世話になっているが、今回は長い休みということで東京内のあらゆる風俗の「聖地」を巡ってみることにした。

3泊4日の日程で、1日1風俗の計4店体験したわけだが、一番楽しい思い出として残ったのは2日目の昼に呼んだ鶯谷の韓国デリヘルだ。韓国といえばコリアンタウンがある新大久保のイメージがあったのだが、デリヘルとなると話は別のよう。

韓国の女の子ってどうなんだろうかと心配していたが、日本語も普通に通じるし、なんなら日本の女の子よりも人懐っこい感じがした。猫っぽい軽いツンデレ要素を感じて萌えた。

HPではどの店も美人の写真ばかりで写真とのギャップ(パネマジ)に不安を感じる韓デリだが、さすが美容の国というべきか本物も相当綺麗で可愛かった。足とウエストがキュッ!と締まっていた。

こちらから責めてやると、日本語の間でたまに韓国語らしきワードで喘ぐ。これまた、ほどよい異国感が新鮮だ。

韓国は近い国だけど、やはり女の子を見ていると外国人なんだなぁとひしひしと感じる。四六時中舐める、自ら上に乗ってくるなどなかなかに積極的で、今回珍しくフェラでも口内発射でもなく素股の状態でフィニッシュを迎えた。

イッた後も丁寧に拭いてくれて、時間ギリギリまでベッドや風呂場でイチャイチャ密着してくれて、本当に言うことなし。

ラブホから出た後はぼちぼちと歩いて上野動物園に行った。家族連れや子どもがはしゃぐ中、スッキリした顔のオヤジが一人ポツンとキリンを眺める。数時間前の自分、なぜこんなスケジュールにしたのだろうか。近いというだけでこのテンションの落差はヒドい。

初めての上野公園は、賢者タイムと共に終了したのだった。

デリヘル・ピンサロ計4回分51,000円
交通手段(往復)と料金飛行機26,400円
ホテル代23,920円
飲食代14,800円
総額鶯谷風俗旅行は116,120円でスッキリ♪